紫のタオの美的要素と追求

1.中和された丸みを帯びた楽器の形状

紫色の陶器は、伝統的な文学文化と文学の美学の影響を受け、&のエレガントな文化を持っています。 ldquo;機能。楽器の形状は、“合併、安定性、よくプロップされた、通常の&rdquoの美しさです。ブティックの傑作は滑らかで、硬く、自然で、寛大です。楽器の形状、ポイントとライン、ライン、ラインとライン、ライン、顔と顔はふっくらまたは薄い、または粗いまたは美しい、または安定または滑らかであるか、調和または変化しています。 、Yuan Xiang”。

デバイスの形状には、正方形の円、ドット、ボリュームなどの多くの要素が常にあり、まばらで密な、仮想現実、補完的な、相互反射を確立し、&互いを反映して互いに反映しています。 ldquo; body”空間的関係、調和と変化の過程での成功、全体的および局所的、割合とスケール、対称性とバランス、リズムとリズム、“それはちょうどいいです。それは“ tao” and“ device”創造的な個人的な性格の栽培と人生の追求を表現しています。

2.シンプルでエレガントな色の美しさ

紫色の陶器製品の色は、豊かで多様で、無限、赤と明るい、茶色で暖かく、白です。最も代表的なのは、一般的に“豚肝臓の赤とrdquo;と、一般的にアイボルとして知られている白い泥の酸化炎で発射された白い黄色として発射された白い黄色、アイボリー・ホワイト” 2つはメイン2ですが、発火方法が制御されている場合、明るさとゴージャスさは同じ色で異なる変化をもたらします。加之色泥的比例的比例和色粉調配、如果、如果、如果辨色可以數十上上、如如如如、、牙白牙白、、黑暗い、ドリアンなど

紫色の陶器製品の色は豊かで多様です。同じ色では、明るさと豪華さの変化は異なる色の効果をもたらします。紫色の陶器の色はビレットの泥、色の泥の色、色の色によって得られるため、紫色の陶器の色は泥自体の自然な色であるため、紫色の陶器の色は透明で明るさは豊かです。ゴージャスさは調和しており、統一された全体的な色効果とシンプルで新鮮な色の特性を形成しています。

さらに、発射の過程で、発火プロセス中に一連の非常に複雑な物理的および化学的変化が発生し、ki kiの変化を形成します。これにより、道具は予期せぬ自然になります。

3.さまざまな形の装飾

紫色の陶器の装飾的な詩、書道、絵画、彫刻、その他の芸術形態。伝統的な紫色の陶器は、詩と永遠の鮮やかな書道と絵画、鮮やかな絵画と書道を飾ります。レイアウトは妥当で、空白は洗練されており、色はエレガントです。特に、体の素晴らしい絵画と書道のスキルと文学的な味を強調しています。紫色の陶器の書道と絵画の作品に常に参加しており、これを使用して個人的なブラシワークと美的味を示しています。書道スタイルの伝統的な紫色の陶器の装飾は真実であり、絵画のテーマには風景のキャラクター、花、鳥、魚の昆虫、梅、竹の菊、メロンフルーツの清算、歴史的な暗示、模倣写真“そして、Break JaneのCopycare投稿は、中国の書道と絵画の芸術の絵画に関与しています。

4.絶妙でユニークな職人技

彫刻と充填技術は、紫色の陶器に技術サポートを提供する描画と彫刻の特徴を持つだけでなく、技術を備えています。まず第一に、濡れた空白を描きます。次に、描かれた画像によれば、最初にフットナイフで彫られてインク部分の泥を取り除いて溝を形成します。麺を修理した後、kiを発射する前にkiを発射することができます完成します。複雑な画像とより多くの色の画像の場合、泥、ねじれた泥、泥などの再充填プロセスやテクノロジーを使用して、詳細と色のレベルを表示できます。したがって、Zi Taoの麺の絵画と書道は、ストロークインクの変化を示すだけでなく、a“ jinshi qi&rdquoも持っています。

5.繊細でエレガントなテクスチャーの美しさ

紫色のセメントの鉄含有量が多いため、発射後に火の肌を生成します。研磨プロセスの始まりとともに、光沢は徐々に行き、紫色の陶器の自然な質感が徐々に現れました。磨かれた紫色の陶器は顕著な陶器を持ち、高温運動後の陶器のシンプルでエレガントな美しさを持っています。より滑らかな効果が必要な場合は、局所石畳に固有の地元の石畳を研磨することに基づいて陶器を磨くことができます。研磨後、調理器具の表面は滑らかで繊細です。また、同じ製品のさまざまな研削技術を使用して、テクスチャの比較を持ち、より豊かな感覚体験を得ることができます。

紫色の陶器のテクスチャーは、陶器の自然な質感の美しさを完全に表現し、陶器に固有の優雅さ、平和、保湿の美しさを最大化するgl薬の色に従わない。さらに、使用と演奏の過程で、紫色の陶器のテクスチャーが徐々に変化するため、適応とプレイ可能な性質があります。

6.調和と暗黙の魅力

シーチの理論絵画は“鮮やかな魅力”最初に、韻の美しさは、韻の美しさ、スタイルの美しさ、そしてスタイルの美しさ、そして内なる美しさ。紫色の陶器の芸術では、形の美しさ、色の美しさ、品質の美しさ、装飾の美しさ、作品の美しさをどんなに完全にしても、究極の目標は、クラフトテクノロジーと芸術的な意味合いの非常に調和のとれた魅力。 So -Called Rhymeは、紫色の陶器の内なる気質です。それは、個人的な感情と紫色の陶器の性質の芸術家の表現です。画像は非常に啓発されており、視聴者のための別の心理的空間を作り出しています。このテクニックは、タオ、タオイストの統合、韻の美しさによって運ばれます。コンテンツとフォーム、職人技と芸術、道具と概念、外部と内部の美しさの統一です。それは紫色の陶器の美しさです美術。